読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さて、超絶ネタバレで行きますよ。


結局、デビルほむらが再構成した世界はどのようなものだったかと言うと、

  1. 円環の理システムを維持したまま、まどかの人格のみ切り離して現世に再生
  2. QBを支配下に置くことで、真の意味での使い魔化と、円環の観測の永久的な防止
  3. あんこ×さやか復活
  4. 幼女シャルロッテ復活

さらに、まどかの願い(「すべての魔女を生まれる前に消し去りたい」=円環の理)を無かったことにせず、さらに自身の願い「まどかを守れる自分になりたい」という願いがかなった、というか自力でかなえた結果がデビルほむらな訳で、自分から見れば完璧な程のベストエンド。
‥‥、まぁ、そこに「方法はともかくとして」と言う注釈が付くのは確かですが。


実にSF方向に振りまくったあげく、結局エントロピーなんかどうでも良いまどかラヴエネルギーだけで生きたほむらの物語:神に叛逆した女、だったと言うか。

TV版・前後編のエンドが、結果だけで言えば完全なバッドエンドだったのに、作品としてはグッドエンド風味の神作品になった、こととなんとも不思議な対比が成立しているという、ね。