読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついでに、ヘッドボードライトがあるとヘッドボードに寄りかかることが増えますが、羽根枕をクッションにするとあまりに柔くて腰が今ひとつです、ええ。

なんせ某所の打ち合わせスペースは椅子がナニで、背当てがあるパイプ椅子に8時間とか、3時間で終わったけど背当てのない丸椅子です本当に(ry、状態で、尻に腰にまぁ来ます、ええ。
なので、自宅くらいはマシな環境が欲しいんですが、羽根枕が横方向に広い分、頭以上に重いものを乗っけると全然保ってくれないので、クッションというか当て布程度にしかなりませんよと。
枕に使わずクッション専用にするなら反発ある方がいい&寝るときは関係ないので、(枕としては今ひとつな素材だった)ポリエステル綿のクッションヌードを使って組むか、と思うんだけど、ホムセンにあるクッションヌードってかなりスカスカだから、クッションカバーに対して2個くらい突っ込みたくなる勢い。
ただ、翠星石改造計画の結果として、ヌードの状態でみっちりって感じでなくても、外側を伸びない素材(綿生地とか)で覆えば意外にぱんぱん風クッションになるので、組み合わせ次第かもしれませんが。


最近はビジホでも枕+クッション×1程度は置いてあって、大きめ枕と同じサイズでかなりみっちりクッションとかあるけど、アレはなんの素材で作っているのかな。
金かけている処なら多分ダウン、そこそこの処ならウレタン芯にポリ綿か?、と言う感じデスが、結局、ポリ綿には芯を入れないとあのみっちり感は出ない、かなぁ。


まぁ、シティホテル並みにヘッドボードを埋め尽くす枕とクッションを並べて数で勝負、ってのも豪華でいいかも知れませんw
‥‥、カバーの洗濯の手間さえ考えなければww