読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜日は電話が無くて平和なので後回しになってたAzureの検証の準備を‥‥、って、MSアカウントをAzureで有効化するために電話でアクティベートしなさいでも土曜日は時間外ですとかどんだけですか orz


関係ないですが、MSDNアクティベーションしてあるMSアカウントでAzureを使うとAzureの月額クレジットが貰えて、かつ検証用であればサーバインスタンスの料金が何台でも割引価格として、Windows Serverを同じサイズのLinux Server料金で運用出来るとか凄いね。
今はPremiumなので毎月10,500円分のクレジットが(持ち越しなしで)割り当てられて、かつ、Windows ServerのBasic(A2)=MAX 14,382円/monが割引後MAX 10,506円/monになるので、実質、24時間フル稼働のWin鯖1台が無料で使えるという。

とは言え、今回想定しているサービスは、Windows Server×1、SQL Database×1、Linux Server×1の複合構成なので、無料枠内で検証サーバ一式をどんだけ動かせるかはアレですが。
とりあえずフル構成で仮想マシンをたてて、無料枠でどれだけの時間使えるかを試す感じですな。デフォの設定では無料枠を使い切った時点でサーバが止まるんだけど、翌月に枠が復旧した時点で前回の状態をそのまま起動できるので、落とされること自体にデメリットはないし。
#それ以前に、検証サーバを24時間稼働させておくなという話がw
#1日12時間・月25日稼働なら24時間稼働の1/3なので、毎日検証環境を稼働させた場合に3台分でギリギリ枠内、くらいかな?