読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局、ミドルレイヤーはゼビオで見かけたアクティビティ用フリースをチェキです。
これでアウターとミドルが揃って、インナーは元からあるので、屋外型某イベントの装備は揃ったかな。


しかし、ダウンって安物でもレイヤーとしての機能はそれなりにあって、値段の差は重さと耐久性だけなんですが、フリースは安物って目地がゆるくて毛足も無いから保温性がダメでアクティビティ用にはまったく使い物にならず、それなりの値段より上を選択する必要があるのですよ。
で、それなりの値段って言うのが安物のダウンと似たり寄ったりだったりして、結局山屋はフリース不要論が主流で店頭にはダウンばっかりという品揃えになるのですよ。

ワシはスキー屋で、スキーって山以上にミドルレイヤーが不要で*1携帯すらしないからライトダウンの魅力も判らないわけで、そうなるとタウン用ではコストパフォーマンスがナニなライトダウン(3マソ)よりは1マソ切るレベルの通気性フリースかなと。
#アウトドア用フリースも値段が極端で、7,000円→16,000円→38,000円と倍+αでステップアップするのですが、7,000円のはやっぱりそれなりで店頭で並べられちゃうと15,000円のが欲しくなるシロモノですよ。
#例外的に、モンベルだと7〜8,000円で格好が付くのですが、パンツとトップスのミドル・アウター全部モンベルはどんだけっちゅうw


定価7,000円のフリースが型落ちで3,300円になってたし、型落ちじゃない同ブランド7,000円の方は指ぬき袖じゃなかったけどこっちは指ぬき袖だったので、コートの袖口がシボじゃなくてグラブとのつながりが悪いのをミドルでカバー出来るのでいいんじゃなイカと。

*1:コアはブレスサーモ→ポリ綿半袖or長袖Tシャツ→スキーウェア、で十分。後は露出する皮膚をなるべく減らす為のスポットなギアにかける。