ZC33Sのカスタムについては割と情報があるんだけど、ZC83Sについてはなかなかまとめ的な情報が出てこないですわ。
 まぁ、タイヤと吸排気系以外はZC33Sのカスタムがそのまま流用できるので、外装や灯火系の情報には困らないですケド。


 で、マップランプ・バックランプ・ナンバー灯の暗い三連星についてはLEDにリプレースしましたが、後はフォグをいじりたいかなぁって感じですわ。
 霧で使う分には純正の白ハロゲンで良いけど、これからの時期、スノーコンディションを考えると白じゃなくて黄色にしたいココロですよ。
 今の時代はフォグ用のアフターパーツにハロゲンって全然ラインナップがなくて、LEDバルブが流行になっている感じでね。
 ZC33Sのカスタム情報を調べると、IPFのLEDフォグバルブで白・イエローを灯火スイッチで切り替え可能なブツが人気で、これなら一度入れちゃえば霧でもスノーでも切り替えて使えるのでトータルの手間は減る、んだけど雪の中でLEDはレンズに着雪しちゃうと溶けないから雪国ではハロゲンにしとけと言う話しもあってなんともです。
 LEDって光には熱が乗らなくて、LEDバルブは基板の抵抗で出た熱をバルブ後端のヒートシンクに逃がす作りなので、レンズ面が着雪で温度下がると温度上げる手段がないから点灯していても雪と氷に埋もれてく感じですわ。
 イカリングが発熱するのであればフォグのレンズ前に仕込む手もあるけど、今売ってるイカリングはLEDなので雪に対抗できる熱は出せないね‥‥


 まぁ、まずはノーマルの白ハロゲンでスノーコンディション試してみて、その後で強化のベクトルを考えるって感じかな。
 なんせ、LEDフォグバルブは‥‥、高いんで、ええ。

#寿命が長いから使い続ける分には割高ではないんだけど、使用目的に合わなくて早々に交換することになった場合は単純に大損するだけなので。

 で、LEDフォグバルブを取り付ける場合、ステーに入れた後に外部コントローラ固定と光源の軸を実車調整する必要があって、バンパー付けたままだと工具が入らないから外して作業する事になる‥‥、んですがそうなるとバンパー外したついでにホーンをユーロホーンに付け替えたいと言う話しになるのですよw
 スイフトはどのグレードでもメーカOPでホーンがないから、ミツバかPIAAのブツ買ってDIYって感じです。純正がラジエータ前に付いているからバンパー外しが必須になるので、LEDフォグバルブ化+ホーン交換は同時にやるのがセオリー、らしいですわ。
 純正のシングルホーンから社外品のデュアルホーンに交換する場合、色々な資料で「電動パワステヒューズに影響するからバッ直リレー接続にしてください」と書いてある、んですが、情報的にはもうエラく古い世代の話しで今の車はホーンと電動パワステの電源系統はまず別だから既存配線直結で大丈夫、って話もあってなんだかなと。
 で、実際にZC83Sのヒューズ・配線系統をチェキると、助手席裏ヒューズボックスには「HORN=15A」と「IG1 SIG2=5A」があって前者がホーン、後者がパワステ系統なので、ホーンは独立配線で15A使える訳だからこれなら純正カプラーに変換ハーネス使ってPIAAの4A+4Aのデュアルホーンを繋いでもへーきへーき。
 ただ、ZC83Sのホーンは上から吊り下げるんではなく下側のステーから「持ち上げている」変な構造で、純正のホーン位置にデュアルを取り付けるのは面倒っぽいかな。
 アングル色々買ってきてラーメン構造の枠たてて固定すりゃ純正位置にイケそうだけど、施工例見る限り仕上がりがキチキチになるから、グリル左端のスペースに装着ってのが無難かなぁ。どうせ純正位置でも移設でもバンパー外して作業だから手間は変わらないし‥‥

 スイフト納車後にETCとドラレコを買うのですが、ユピテルの普通のドラレコにするか、スマートミラーを買うかめちゃくちゃ悩むココロ。
 ドラレコは不具合も枯れてきているしカメラも画質極まっているからユピテルにしておけば安定なんだけど、スマートミラーについては国内メーカは全然ダメで中華メーカかOEMしか選択肢がない。しかも、ネット専売品ではゴミから先端モデルまでリスクの振れが大きすぎる。
 一応、YHやABでもOEM品は扱っていて、ショップ取り付けとショップ保証を付ければネットで買う場合より故障時の負担は少ないんだけど、ただ、扱っているモデルがネットモデルの最新世代より1世代~2世代くらい前のシロモノなんですよ。
 ドラレコなら2世代前でも全然現役で使えるのですが、スマートミラーはまだ世代ギャップが大きいので、2世代前はまだこなれてない発展途上モデルで不満点や不具合も多いですからな。
 用品店モデルは~30FPSモデルしかないけど、先端モデルだと60FPSまでラインナップがある、んだけど、60FPSになると処理負荷が上がるせいでちょい安物モデルだと画質がグダグダで30FPSの方がよっぽどマシって世界で、お高めのモデルでもモニタと合わせて発熱がしんどいらしいので、ええ。

 先シーズンで冬用コート一つ捨てたので今シーズン新しいのを買う予定ですが、流石にダウンになれると綿はすさまじく重かったので今回はダウンコートかなと。
 ただ、最近は真冬も厳冬って程じゃなくて雪もベタ雪になるパターンが多くて、表面が撥水クラスでは耐えきれずにぐしょ濡れになるのと、インナーにソフトシェルを使うのを考えると、ダウンそのものはそんなに分厚くないブツで、アウターがゴアテックスかそれに近い耐水or防水クラスのブツにしようかと。


 で、とりあえずモンベルのオフラインショップをチェキったら、オンラインショップで見たときはちょっとイマイチかな、と思ってたベルニナ・ダウンコートが意外と良くて、防水クラス(公称20,000mm以上)なのにガサガサのゴアテックス全開ではないマットな質感と、ダウンも適度で真冬はインナー前提だけど邪魔にならない厚さって感じで、コレで行ってもいいかなと言う感じ。
 ただ、カラーが真っ黒か明るいカーキの二択で、本当はダークグリーン系が良いんだけどどうにもって感じ。カーキは店頭照明で見ると明るすぎるので、通勤兼用だとブラック一択になるのがアレですわ。

 下調べではゴツめのシルエットでパウダーランド・パーカーがいいかも、と思ったけどゲンブツは生地もダウンもめがっさ分厚くて、昨今の長野じゃオーバースペックだわな‥‥

 AfterShokz AEROPEXが届いたので早速セットアップしてジム用にチェキ。
 骨伝導ヘッドフォンは初めてだけど、耳をまったく塞がない状態でいきなり前から音楽が聞こえてくるので凄い不思議な感覚ですよ。
 いや、その昔、SONYのスピーカヘッドフォンだっけ、アレを試したことあるのでその時の感覚が思い出されます。
 ドライバの振動を空気を介さずに伝えるので、オープンイヤーだけど殆ど音漏れはなし。その代わり、ボリューム上げても外部の音に負けるので環境音によっては全然聞こえないとか、意識集中すれば聞こえる、とかって感じ。バリバリにリスニングするのではなく、暇つぶし程度に鳴っていれば良いって目的用だな。

#「集中用」に耳栓が付属しているんだけど、確かにコレを使ったまま指で耳を塞ぐと結構なボリュームで響いて聞こえる。ただし音質は‥‥、うんまぁ(謎)


 今までウェイトトレーニングではコードが絡むと危ないのでイヤフォンは使えなかったけど、ワイヤレスならベンチ以外ではつけっぱで全然大丈夫。ただ、ベンチ台で寝たときにネックバンドが台に干渉するので、ベンチプレスの時は鬱陶しいですケド。
 ネックバンド部分が少し短くなった新モデルもあるみたいだけど、コレは短すぎて合わなかった場合に「使えない」状態になるので、試着しないで買うのはちと怖いですわ。
 耳掛けイヤフォンの場合、眼鏡とマスクと併用すると絶対に装着感がグダグダになるけど、バンドタイプは装着が独立なので耳掛けの他のギアに干渉しない。それに、耳を塞がないので自分の声や呼吸が頭に反射して鬱陶しいってのもない。その代わり、音質に関してはまぁ「聞こえれば良い」と割り切りが必要って感じ。一応、新モデルでは低音ドライバが補強されたみたいだけど、直接骨を振動させる構造上、バスブーストは骨に伝わる振動が凄くてあんまり評判が良い感じじゃないっぽいね。

 ついでに、BRAVIAにもBTヘッドセットどうか、と思って試しにペアリングしてみたけど、ゲーム遅延が1フレームなのに音声遅延が十数フレームになって完全に音が遅いとわかるので、こっちの無線化は無理だな。
 前にサウンドバーをHDMI接続したときも判るくらいの遅延があったけど、それとどっこいどっこいかさらに遅いって感じ。
 BRAVIA X85Jってコーデックを明言してないけど、実際にペアリングした感じではSBCだけだからゲーミングには全然ですわ。ってか映像視聴だってあんな遅れたら話にならんと言うか。

 クタクタになってた冬物コートを先シーズン末で捨てたので、今シーズンは新しいの買わないとイカんけどそろそろ冬物出ているかな、とショップ覗いたけど流石にまだ夏物セールと秋物新作メインで冬物は、全然ないねw
 最近はベタ雪が多くて撥水系では保たずに浸水しちゃう場合が多いから、モンベルの3in1トラベルダウンコートとかゴアテックスで耐水レベルのブツが欲しいなぁ、と思っていたけど、実際に店頭でゲンブツを見るとメンブレン感が凄くて歩くだけでもガサガサでこりゃストームクルーザーかっちゅう‥‥
 まぁ、撥水系が保たない様な雪の中じゃ質感とか気にしているヒマはないけど、しかし、4.4万円から出してレインコート丸出しなシルエットは、普段着としてもコート必須なちほーではテンション下がりますわ。


 ただ、前にモンベルのショップで相談したときは、撥水系もゴアテックス系も汚れると性能ががた落ちするから、専用洗剤かクリーニングで洗浄した後、ドライヤーで熱処理して仕上げに撥水スプレーかけると撥水性は復活するって話なので、どうしても撥水系モデルの質感やシルエットが良ければ毎年のクリーニングと撥水処理する前提でそっちでも、良いのかなと。

#まぁ、実際はダウン用のクリーナー買っても年一回がせいぜいなので(それ以上やると痛む)、クリーニング店に出す方が楽だけど。

 今年もそろそろかなと思ってた三郎丸蒸留所の一口カスクオーナー限定見学会の案内が届きましたよ。
 去年はアフターに砺波駅近くの回転寿司に行こうとしたのですが、見学会終わってタクシーで直行したら営業時間案内に書いてなかった昼営業終了時間になっちゃって入れなかったと言うナニなので、今年はもう少し帰る時間調整してがっつりと魚を喰ってきたいココロ。
 いかんせん、公共交通機関で行こうとするとアクセスは城端線しかなくて、JRなのに長電より本数がない・車両短い・遅い、と「あの」長電に負けてどうすんねんと言う路線だから、日帰りで新幹線との接続まで鑑みるとなかなか「ついでに○○してくる」ってのが難しい場所ですからな。
 だからって一泊してくるかと言うと‥‥、たまにはソレもアリか? でも8月の真ん中に富山って、旬の魚とかどうなんざましょ。


 宿を取るなら、蒸留所から近い砺波駅前にするか、距離はあるけど店が豊富そうな富山駅前まで一旦移動するか、どっちにしろ城端線の本数の少なさがネックになりますよ。
 参加者みんな考えること同じなので、電車の時間まではゲストハウスがめちゃくちゃに混む。試飲や買い物をゆっくりするなら、みんな帰った後に居残りして、次の電車(約1時間後)を待つしか orz
 それに泊まりだと荷物増えるからどうするかなんだけど、行きに新高岡駅コインロッカーに置いておいて、富山駅に移動する時に新高岡で荷物ピックアップしてそのまま富山まで新幹線、って言うルートかな。
 新高岡→富山の一駅を新幹線ってのも贅沢だけど、油田→富山まで在来線で600円、新幹線で1,400円だから、新高岡で荷物ピックアップのために降りて次の高岡行きまで接続1時間待ちする位なら、+800円程度でさっさと現地まで移動できるって考えれば全然アリですわん。
#まぁ、新高岡→高岡って2kmくらいなので、1時間待つなら歩いて行った方が早いんじゃなイカ

 そいえば、野沢温泉蒸留所がそろそろ竣工になる、のかな?
 クラフト蒸留所ブームだから、フォーサイス社にウイスキーのポットスチル発注しても納品が数年待ちって勢いらしいので、竣工しても多分いきなりウイスキーの製造は無理だろうから、最初の数年はジンだけリリースって動きになるかな。
 ここが稼働すれば地元から最も近い蒸留所になるんだけど、車でならあっという間だけど公共交通機関でアクセスとなると、コレが、思ったより近くはないからねぇ。
 飯山線長電バス乗り継いで、接続良くて1時間40分。これに長野駅までと長野駅での接続待ち合わせると、平均で2時間20分くらい。
 サントリーなら最寄り駅からシャトルバスでも出すんでしょうが、クラフトディスティラリーでそんな余力ある処はないだろうし、そもそも野沢温泉なのでバスには恵まれている方だから***。

 ボヌスが出たので車買い替えか?とも思ったけど車検直後だしまだ殆どの車種が納期不安定で時期が悪いので、ゲーミングチェアの買い替えでもチェキるかと。
 今使っているのはゲーミングチェアってジャンルの黎明期のブツで、AKRacingとかDXRacerとかまだ日本で殆ど売ってなかった頃のシロモノ。現在の価格帯からすると安物レベルで、フレームがウッドだったりロッキングはあるけどリクライニング機能がなかったりで、ガチなモデルが出てきた今からすれば物足りなさのあるシロモノですわ。

 で、折角だからハイエンドのAKRacing Pro-X V2でも良いんですが、張地がPUレザーだからどうしても夏場がベタつきそうなので、今回は唯一のファブリックモデル AKRacing Wolfにしてみるかと。
 ただ、よくよく調べるとカラーが入っている部分がPUレザーってのがちょっと気に入らないココロ。写真で見えるデザインからすると、二の腕とか太もも裏とか特にペタペタが気になる部分の当たりはファブリック、になると思うケド‥‥

#ファブリックの欠点は「汚れると落ちない」ってところですが、まぁゲーミングチェア自体が寿命5年で買い替えってライフサイクル想定なので、よっぽどやらかさない限りは汚れが原因での修理や買い替えってハメにはならんと思いますが。

 で、それが先週の話で早速ブツが届きましたよと。
 先代はリクライニングがなくてロッキングがメインのリラックス手段でしたが、AKRacingの方はリクライニングがメインでフラット180度までのレンジで調整できる反面、ロッキングについてはできるけど使い勝手はあんまり‥‥、って感じ。
 特にリクライニング浅めでシートバックを立ててる状態だと、ロッキングを一番緩い設定にしても固すぎて全然ダメ。シートバックを多少寝かせるとやっと体重がかかる様になってロッキングが軽くなるんだけど、その時点でもうロッキングしたら倒れすぎて怖いわって感じですよ。


 まぁ、フレームが車用バケットシートと同じでスチールのガッチガチなので、ロッキングをロックしちゃうと全体に当たりが固くなっちゃうから、座ったときの柔らかさを演出すると言う意味ではロッキングをフリーにしておいても良いかなと。
 ただ、寝かせたときに不安定にならない様に固めセッティングにしておくと、シートバック立てたときにはとてもロッキングする気にならない固さになるけど、まぁその辺はある程度使いながら調整かな。
 後、張地のファブリックは、ウチのフルバケ(RECARO RS-G)のベロア×ベロアに比べれば流石に‥‥、ガサいな。とは言え、布地の服で座ると滑ったりもしないし肘あたってもペタペタ感は無いので悪くはないかなと。

 水素水だけじゃミネラル分足りなくていくら飲んでもアップ30分+カーディオ60分保たねぇ、ってことでBCAAサプリをチェキ。
 こないだゼビオで見たときは大袋のパウダータイプばっかだったけど、運用考えるとちょっと割高でもタブレットタイプで分割して持ち歩ける方が楽かな。
 フルパッケージで持ち運ぶとこの季節は品質劣化が怖いので、タブレットケースに小分けできるのもメリット。プロテインシェイカーにまとめて入れとくのが一番楽だけど、摂取タイミングが全然違うのでそれは無理だな。

タブレットケース付きプロテインシェイカーってのもあるけど、ゲンブツをみたらアメリカンサイズでタブレット数粒のためにこれはないわって感じですわw


 で、試しにオプティマムニュートリションのBCAAタブレットを買ってみたのですが‥‥、ナニこのアメリカンサイズ orz
 タブレットかと思ったら、粉末が水溶性カプセルに入っているタイプ。カプセルの素材もまた雑というか水に触れるとあっという間に溶けるので、巨大なカプセルにビビって水飲むのに手間取ると口の中で爆発します(一敗)。
 最初はピルケースを買おうかと思ったけど、このサイズのカプセル×2+防湿剤だと小型じゃ入らない・大型だと一週間分ケースになってデカすぎ、と今ひとつ微妙だったので、結局プロテイン用ファンネルを買ってタブレットケースとして使うかと。
 まぁ、自宅感さえ気にしなければ岩崎の蓋付きケース250mlでもいいんですケドw

 こないだインスコしたASUSの1660Ti、手持ちの重めっぽいゲームを試すとWQHDに設定しても9割方は十分なクオリティとフレームレートが出ていて全体的には良いのですが、なんかPC起動時にファンが全開爆音で回ってくれるのだけはちょっとアレです。
 まぁ、4秒くらいで超低速に落ちて無音になるのですが、しかしグラボのファンコンってセンサもコントローラもMB側じゃなくグラボ側にあるハズなのに、わざわざ電源ONでとりあえず全開って設定が良くわからん。

 そいえば、FF13・F13-2をRX570で動かすと、13はコントローラの動作がめちゃくちゃでキーボードでしかプレイできない、13-2はそもそも描画がガタガタでプレイ不可、という状態でしたが、1660TiにするとWQHDの最高設定で60FPS天井張り付きで普通に動きましたよ。
 ‥‥、まぁ、キーボードで11章まで行った13はともかく、13-2は始めてみたらゲームバランスがめちゃくちゃでEpisode3の途中でクソエンカに心が折れたので、動いたのが良かったかどうかは知りませんが‥‥
 

 13LRは、まぁ、セールになってたらって感じかな。

 で、折角だからRX570では起動すらしなかったNieR:Automataがセールになってたのでチェキ‥‥、と思ったら日本からはセール対象の方じゃなく定価のGoYoRHaしかカートに入らなかったので今回はスルーして、ドラクエ11Sの方をチェキですわ。
 PS4で無印を途中までやってたけどベロニカたそがパーティーアウトしてすっかりやる気なくして放置でしたが、Sの方ではクリア後にパーティーメンバーとの結婚(?)イベが追加されたとか小耳に挟んでナニです。まぁその辺は某アカデミー2で色々と補完済みですが、イヤイヤ(謎)

 で、無印ではツラみだったLoadingもPC+SSDに最適化されているっぽく、初手から「Tips読めねぇよ!」と突っ込むレベルの速度が出るので***。
 そいえば、なにげにダッシュボタン使っているけど無印はコレもなかったっけ。ルーラが解禁されればルーラゲーになるから、ルーラが遅いのは覚えているけどフィールド移動速度ってあんまり覚えていないな。

PS4ではSSD化しても今ひとつLoadingの速度上がらなかったですからな。HDDでの読み込みアルゴリズムをチューニングしすぎて、高速ストレージに対応できないあるある。

 ジムのオープン記念2ヶ月無料キャンペーンで申し込んだついでに勢いで水素水サーバも契約してみたけど、ジム内での水分補給に自販機が不要になって、現金を持ち込まなくて良くなるので思ってたより良いな。
 なんせロッカーが流行の(?)オープンロッカーなので、利用はキャッシュレスで財布は車の中に置いておく、と言うのがベストな体制って感じ。
 水素水自体はまぁ、高性能フィルター通した水道水だけど、ウチの方の水道水は80%以上地下水なので残留塩素除去すれば実質ミネラルウォーターだし、同じ水道水のクリスタルガイザーを600ml100円で買った場合の月額ランニングからすれば全然安あがりだしね。

 ついでに、ジムは流行の(?)オープンロッカーなので財布は車に置いとくとして、車の鍵と入館に必要なスマホは持ち込む必要があって、トレーニングウェアのポケットに車の鍵入れとくとマシンによってはパッドが当たって痛いとかポケットから落ちるとかあってなんかポーチみたいなのが欲しいなと。
 で、全然別のブツを探しに東急ハンズをうろついていたらペットボトルホルダーのポケット付きがいくつか並んでて、その中でオープンポケットだけど肩掛けストラップじゃなくちょいバッグみたいなハンドル付きのブツがあって、これならタオル以外のギア全部突っ込んで一気に持ち運べるから良いんじゃネ?と言う感じで試しにチェキ。


 オープンポケットだけど口ゴムで多少の固定感はあるので、スマホはストラップのクリップをホルダーにつけて固定、車の鍵はホルダー側にキーホルダーのパーツ移植してキー側のリングを引っかけておけばポケットから滑り出てもどっかに飛んでいくことはない、って感じでいいんじゃないかと。
 ついでに、ボトルホルダー側が500mlペットボトルでもスカスカなくらい妙に緩く作ってあるんだけど、逆に細めの水素水ボトルなら軽く放り込む感覚で出し入れできるので、どのマシンにも後付けでボトルホルダを装着できる様なものだからタイトタイプより使い勝手がよさげですわ。


 後は、ボトルとICタグがぶつかってチャラチャラ五月蠅いのでこれだけなんかサイレンサー考えないとな。
ドッグタグのサイレンサーも考えたけど、ICタグが小さいので伸ばす前のサイズでもガバガバになりそうでアレです。液体ゴムとかシリコンゴムスプレーみたいなゴム素材を全面塗布する感じの塗料(?)があるっぽいけど、スプレーで2,000円近くするし大量に余るのでそこまでするか?みたいな。
#昔流行った、おもちゃのラメ糊とか塗ってみるかなw 安いし。

 尼でアクアホエイを見たらリニューアルしててグレープフルーツ味とレモン味があって、新フレーバーのレモン味が評判良かったので試しにチェキ。
 ‥‥う~ん、もっとガツンとレモンってのを期待していたけど、粉っぽさと混じって口当たりの悪いレモンクリームみたいな感じ。あくまでレモン「風味」であってレモン味ではないな、これは。
 アクアホエイではなく普通のホエイなら色々フレーバーがあるんだけど、牛乳で作らないと今ひとつ美味しくないので取り回しがイマイチだしね。アクアホエイなら、シェイカーに粉だけ入れていって、月額定額で使える水素水を帰り際にボトルに入れてそれをシェイカーに移せば良いので運用が楽だわん。

 某所に入っているFFFTPが1.9系ですが大量のフォルダをミラーリングアップデートする事になって前回試したときはほぼフリーズ状態だったからどうしようか他にミラーリングアップデート出来るFTPクライアントないかな、と思ってFFFTPの更新状況をみたらGitHubでver.5.6が出てるじゃんと。
 リリース見ると、見た目は同じだけど中身は最新APIで丸々置き換えたシロモノになってるみたいなので、流石に速度的にはマシになってるだろと最新版に環境を移行してから接続テストしてみたら‥‥、フォルダ内のファイル一覧表示がめちゃくちゃ早くて今までの1.9系とはなんだったのかと orz


 で、6000フォルダ・30000ファイルくらいある環境をミラーリングアップデートしたら4分でスキャン完了、5分でミラーリング完了とかマジかいな。
 今回は主に昔から残ってるゴミフォルダの削除がメインでファイルのアップロードは殆どなかったとは言え、フォルダ内が空でないとフォルダを削除できないFTPでフォルダ削除の連続と言う、今どき頭痛がする再帰処理がこの速度は驚愕ですよ。
 まぁ、さっさとWinSCP使えと言う気もしますが‥‥


 こないだお茶屋を覗いたとき、緑茶+マロンのブレンドティーがあってお茶に栗って別々に食べるならともかく混ぜるってどうなのよ、と思って試飲したらこれがめがっさ美味かったのですが、ティーバッグなしで茶葉そのまま包装だけしかなくて、会社で1杯のために急須用意するのも面倒だからう~んと。
 ちょっとチェキると、自作用お茶パックを買ってその場でティーバッグ化するって方法もあるのか。素材にもよるけど、紅茶でも使えるならリーフティでしか売ってないラインナップのでも某所で使えるかもしらん。
最近のティーバッグ完成品はナイロンメッシュが多くて、不織布系に比べて色素や成分を吸っちゃわない様になっているんですが、ホムセンで見かけるお茶パックだと良くある不織布のブツばっかりでアレです。

 と思って尼で探したら、ナイロンメッシュの手入れバッグの他に、使い捨てじゃないナイロンメッシュストレーナがあって、ネルドリップの枠みたいなのにフィルタつけて抽出→茶葉だけ捨ててストレーナは再利用できるというシロモノ。
 確かにサスティナブルではあるけど、置いておく場所が必要なのと何回リユースできるのかって考えると、一回ごとバッグを捨てるかフレンチプレス使って淹れるかどっちかに振った方が使い勝手良い気がする。